大抵…。

人とチワワが上手く共存していくには、社会のルールを覚え込まさないといけません。なので、小さな子犬の時からしつけるようにしないと駄目だと思います。
しつけ教材などは「吠えるペットをどう調教するか」といった方法だけに視点を置く傾向にあります。ただし、飼い犬が吠える原因がまだあるとすると、意味はありません。
近年、犬好きな方に支持されてペットとされているチワワについては、きちんとしつけがされていなく、悩んでいる飼い主の方々がかなり多いというのが実際のところです。
トイプードルを甘やかして育てると、そのトイプードル自身がより強いと感じて、思いきり噛みついてしまうことさえあるようです。従って、トイプードルの噛み癖につきましては、必ずしつけないと駄目だともいます。
犬の散歩に関するしつけのトラブルについては、概ね2つあり、その原因は、実は上下関係づくりの失敗の一点に深く関わっているようです。

大抵、ルールのある遊びやスポーツは、ラブラドール犬のしつけに適しています。ラブラドールと飼い手が息もぴったりに楽しんだりしながら、非常に多くを学習していけます。
通常の犬ならば、「噛む」という行為は親愛の情をしめしていて、永久歯に入れ替わる頃に甘噛みなどしますが、このころに積極的にしつけを受けなければ、噛み癖ができてしまうので気をつけましょう。
さらにしつけが必須なのは、飛びつきだと考えます。例えば、急にラブラドールが人に飛びついてしまい、無我夢中で噛みついてしまい、事故を起こすことだってあり得ます。
可愛いと思って、小さなミニチュアダックスフンドを子犬として飼ってみたけれど、実際問題、しつけというのはよく解らないなどと、しばしば聞いた覚えがあります。
子犬が噛むというタイミングは、「噛んだらだめ」という事をしつける好機なんです。噛んでもらわないと、「噛むことは許されない」と、しつけることが困難になります。

例を挙げると、何もしないと無駄吠えする行為が増えがちなミニチュアダックスフンドなんですけれど、ちゃんとしつけを実践すると、無駄吠えの回数を減らしていくのも可能です。
犬の場合、歯が生え替わっていく頃の子犬などが、相当じゃれふざけるのが好きなので、その時期にきちっとしつけなどをするべきです。
もともと柴犬は、無駄吠えという問題行動を容易にするタイプかもしれません。なので、無駄吠えのしつけに関しては「困難を要する可能性も大」と考えておいたほうが気楽ですね。
もし、お行儀のとても良い犬と散歩をしている時は、他の飼い主さんから感心されるばかりか、周りの飼い主さんたちにしつけの仕方を披露すれば、ドッグオーナーさんの間で犬のしつけのプロとして扱われるのは明白だと言えます。
賢いことで知られるトイプードルについて言うと、飼い育てる時の苦労は目だってないようです。子犬からのトイレとか、他のしつけなども、苦労せずにやってみせてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です