全般的に…。

犬のしつけで注意してほしいのは、しつけの過程や教えていく順序です。トイレのしつけの際も、このことは一緒のことでしょう。
必要なしつけを受けていないと、散歩に関してもひっぱったり何かに向かって吠えたり、問題行動が多々あります。つまり、愛犬との主従関係が間違っているからです。
仮にまだ小さいミニチュアダックスフンドであったとしても、飼いだした瞬間から、というか迎え入れる前の準備の時からしつけという行為は始まるんです。
噛み犬となった愛犬が、そうなった原因を察知し、これまで実践してきた誤ったしつけトレーニングを見直すことをして、噛むという行為をなおしていくことがいいと思います。
散歩に出かけたり、餌を食べること、犬にとってのハッピーな時間とかイベントといったものは褒美でしょうから、それを上手く利用し、イベントの時間より先にしつけのトイレトレーニングを設定したりしても適していると言われています。

以下に、無駄吠えのしつけ方法などに関して紹介しています。ご近所さんへの迷惑や騒音拡大を予防するべく、必ず解消するべきでしょう。
しつけ時の要注意点なのですが、とにかくポメラニアンに暴力を与えてはいけないと覚えておきましょう。怖がってしまい、飼い主に対して心を閉ざしてしまうようになってしまうらしいです。
例を挙げると、何もしつけをしないと無駄吠えすることが増加するミニチュアダックスフンドでも、上手くしつけを行えば、無駄吠え行為を少なくさせることは不可能ではありません。
全般的に、叱るよりも褒めてあげたほうが、ポメラニアンのしつけ時にはいい効果あって、ですので、本気で褒め称えることが大事でしょう。
散歩の際の拾い食いをすることでペットの人生が危険にさらされることがあっては困りますから、必ず散歩についてのしつけを実践するのが必要だと考えます。

愛犬が無駄吠えをやめたのを待ってから、ごほうびや賞賛をあげましょう。無駄吠えをしないという行動とその報いを結びつけたりして、自然と覚えていくはずです。
昔は、しつけする前の吠える、噛むという行為に悩んでいました。自分の愛犬なのに、ひどく吠える、噛みつく、大変悲惨でした。
ミニチュアダックスフンドについては頑固な一面もあります。犬の専門家に頼むなどして、そのミニチュアダックスフンドに合うしつけを尋ねてみるのも1つの手であると考えます。
何よりも、褒めたりしてあげることが一番ではないでしょうか。トイプードルは、基本的に賢明な犬なので、その点をさらに伸ばすようなしつけの仕方が最適ではないでしょうか。
ポメラニアンというのは、おもらしをちゃんとしつけてみてください。ポメラニアンという犬は、とても興奮したり、歓喜したり、緊張したりすると、尿漏れすることもあると聞きます。